好みの体験談がきっと見つかるはず。ハイクオリティな風俗の話をどうぞ。

昔を思い出した川越のデリヘル嬢:風俗に全身全霊注いでみた

昔を思い出した川越のデリヘル嬢

7 PV
昔を思い出した川越のデリヘル嬢
学生時代に川越で過ごしていたのですが、10年ぶりぐらいに電車を使って遊びにやってきました。川越の駅はだいぶ様相が変わっていて、周辺もだいぶ賑やかになりましたし、観光地としても有名なエリアがますますの盛り上がりを見せていました。繁華街も賑わっていて、明らかにデリヘル嬢と思われる女の子がホテルに入っていくのも見てしまったぐらいです。そんな中でちょっと思い出話をしようと思うのですが、川越で暮らしていた学生時代に仲の良かった女子と一夜限りの夜を過ごしたことがあります。彼女とはあくまでも友人の関係で、共通の友人も結構いたりしたのですが、なかなかの人気者でした。その娘とある日2人切りで川越にあるちょっとだけ小洒落たカジュアルバーで飲んでいたのですが、気がついたらタクシーに乗っていてホテルにいました。どうやら間違いを起こして男女の関係になってしまったようです。なぜかその後も普通に彼女とは友人関係を続けていく不思議な関係が続いていたのですが、ある日、彼女とぱったり連絡が取れなくなりました。またいつか会えるだろうと思っていたもののそのままでした。あれから10数年が経ち、自分は今また川越にやってきて、あの間違いを起こしたホテルに入り、デリヘル嬢を呼びました。もしかしたら彼女がやってくるのではないかという変な期待もこもってはいたのですが、やってきたデリヘル嬢はごく普通の川越にいかにもいそうな若い女子でした。そこまでギャルっぽくもなく、かと言って清純系という訳でもない。ごく普通の娘。どうしてこういう娘がデリヘル嬢をやっているのか、毎回疑問に思ってしまうのですが、どうやらお金を稼ぐ手段として割り切ってやっているようです。そうとくれば自分の方も割り切ってやるしかないので、早速プレイを始めました。目の前にいるデリヘル嬢には申し訳ないのですが、目をつぶる度に彼女の姿が脳内に浮かんできます。どうやら自分は彼女のことが本当に好きだったようです。もう今さら遅いんですがね。眼の前に居るデリヘル嬢が嘘か本当かもわからない声をあげているのを見ながらそのままプレイに没頭してしまいました。どこか悲しい思い出が残ってしまったデリヘル嬢と過ごした川越の夜でしたが、こういう風に思い出に浸る日もあっても良いのかもしれません。
川越風俗デリヘル 川越人妻城
2018.11.20 デリヘル / 川越