好みの体験談がきっと見つかるはず。ハイクオリティな風俗の話をどうぞ。

秋葉原にデリヘルという矛盾:風俗に全身全霊注いでみた

秋葉原にデリヘルという矛盾

7 PV
秋葉原にデリヘルという矛盾
秋葉原といえばオタクの街ですが、意外にそうでない一面があることを知っていますでしょうか?表向きは観光も含めてオタク文化一色ではありますが、そこも街の中心部一角だけなのです。すると、それ以外はいったい何があるのかとなってしまいますが、答えはビジネス街です。それもそのはず、東京ですからね。オフィス街だらけなのは言うまでもありません。また、東京駅に近いエリアですので大きな企業が拠点にしている傾向も強いです。「そうなんだ」と思いがちですが、電車等交通機関の面のアクセスも非常に良く誰がなんと言おうとビジネス街としては一等地なのです。そんな、秋葉原ですが、オタク文化は一般社会と乖離する部分がありそうですが、そうでもないようなのです。オタク文化を熟知していない一般人からすると、メイド喫茶などのイメージから、どういうサービスをしてくれるのかさえ想像が付かないでしょう。あまりないと思いますが、風俗などと思う人もいるかも知れませんし、なにやら怪しいと思う人もいるかもしれません。しかし、まさにそこなのです。だって、イメクラといわれてしまえばそれまでなんですから。制服を着て接客するサービスなんていえば、オタク文化以前に風俗系サービスの方が昔から精通していたわけです。ですから、秋葉原にそんなやましいお店が1つ混ざっていたとしても何ら違和感はないでしょう。まさに、ここです。秋葉原なんだからというイメージで、そこまで求めてしまう男性がいるのでしょうね。もちろん、そこからビジネスとなってお金が生まれるイメージはあまりつきませんが、世の中は広いもので、需要はあるのです。その需要というものもそれほど小さいものではないのでしょう。秋葉原もオタク文化発祥の地として歴史があるとは思いますが、秋葉原に好んで通う人は限られてしまいます。そこをそれ以外の人が利用する可能性があるのならばと考えてみると、オタクな人達よりも何倍も多いわけです。つまり、秋葉原の特色を活かしたかたちで、上手くビジネスとして昇華するには打ってつけな場所といえるんですよね。もちろん、普通の人が訪れるにはかなりハードルが高いものですので、そこで人気が出ているのがデリヘルというわけです。逆に、ターゲット層はオタクな人達とも言われています。なぜかというと、秋葉原に通うような人達はお金を持っているからです。また、現実逃避している傾向にある為、実際に女の子と接するようなことを潜在的に求めている傾向が強く、メイド喫茶などを利用するタイプの人ならばハマってしまう可能性もあるのだとか。接客という面では、メイド喫茶もキャバも同じようなものですからね。それが風俗で更に深い部分まで要求が叶えられるのならば…。お金が動くのも納得してしまうものです。どういう流れで風俗文化が発展していったのかを判断することは難しいですが、秋葉原にだってデリヘルはあるということだけは確かです。
秋葉原 デリヘル!人気のイメクラ風俗【coco369】
2018.11.26 デリヘル / 秋葉原