好みの体験談がきっと見つかるはず。ハイクオリティな風俗の話をどうぞ。

交際クラブのフタッフに聞いたあれこれ:風俗に全身全霊注いでみた

交際クラブのフタッフに聞いたあれこれ

8 PV
交際クラブのフタッフに聞いたあれこれ
友人の一人が交際クラブで働いていて会うとたまに話題に挙がることがあります。聞いていると知らない世界過ぎて割と面白いのですが、深いところまで話し込むとどうもイメージが良くありません。というのも、凄く給料が安いようなのです。と入っても店舗の経営はしっかりしていて赤字が出ることはないレベルのようです。しかし、働き続けていても給料が上がるようなことはほとんどなく、経営状態と会社の実態はかけ離れているとの事です。どのような人が働いているのかと聞くと、どうもパッとしない未経験者が多いようで、これといって能力も必要ないようです。そうなると低待遇なのも分かるような気がします。しかも、残業というような概念は基本的に無く、お店の営業時間に依存してしまうようなので、10時~22時くらいは当たり前みたいです。ここは、飲食店のようなお店の営業に合わせるかたちでしょう。しかし、アルバイトなどはいないようなので、上手いこと低賃金で丸め込まれているなといった感じです。有給も無いようで任意で休みは取れないですし、土日も営業しているので休日出勤もあるそうです。それでも、無駄に営業している訳ではなく問い合わせ連絡も来るし、女性の入会手続きもあるようです。そんな状況ですので、まさにブラック企業のような状態です。これでお給料さえ良ければ何も悪いことはないのですが、すべてはオーナーが悪いだろうと思います。交際クラブという業種は、ほぼ元手がかかりません。スタッフが働く用の事務所スペースと人件費、一部システム代等がありさえすれば、後は男性会員の入会金と紹介料で延々とお金を生むことが出来ます。男性会員が1ヶ月あたりに使用する金額は平均8万程度らしいです。月に100件程度の紹介料金が発生し、月々会員更新する会費料も発生します。ですから、普通に営業しているだけでも店舗には1000万以上の利益が出ているのです。8名程度のスタッフ人件費と必要経費を差し引くと、300~400万は残る計算になりそうです。友人が言うには、もっと人気のある交際クラブだと利益は倍になるらしいです。ここまで聞くと分かると思いますが、突然業界が廃れたりしない限りは普通にやっていれば時間をかけた分だけ稼げてしまうようです。それでいて働くスタッフは大卒初任給くらいの低賃金なわけですから納得はいかないですよね。仮にも公に公言できるほどまともな仕事でもありませんから、それを加味しても本来は給料は高くあるべきなのです。でなければ携わろうと思う人はいないはずです。この点も上手く、スタッフの求人はハローワークなどが殆どです。公にウェブ求人などは出せないわけですからね。ハロワなどで求職活動をしているような職歴のない人材を上手く入社させるという図式は頭がいいです。社会人経験を積みたい人からすると、雇用してもらいやすい部分もあるでしょうが、よっぽどでもない限り交際クラブを経営している会社に入るメリットはなさそうです。需要と供給が成り立っているとは思いますが、交際クラブはまともじゃないしクセがあることだけは確かです。
パパ活 LABO
2019.07.08 交際クラブ / その他