好みの体験談がきっと見つかるはず。ハイクオリティな風俗の話をどうぞ。

子供のしつけについて:風俗に全身全霊注いでみた

子供のしつけについて

4 PV
子供のしつけについて

子どもは大人(親)を見て育ちます。大人の真似をしながら社会のルールを身に付けていきます。「しつけ」をするのは親であり、しつけの方法もさまざまです。親は自分が自分の親からしつけられたように子どもにもしていくものですが、それが正しかったかというと、よくわからないというのが正直なところではないでしょうか。しつけは、わかっていても思い通りにいかないものです。ひとつ言えるのは、ガミガミ叱るだけがしつけではない、ということです。叱る前になぜそれをしてはいけないのか、なぜそれをするといいのか、理由をきちんと言うことで頭に刻まれるものです。親と子の信頼関係を築きながら、良いこと悪いことを教えていければいいですね。

「しつけ」は親の役目です。キツイ言葉で叱れば言うことを聞くと思われがちですが、子どもはそう簡単に言うことはきかないものです。逆に子どもの能力を引き出すのは叱るよりも褒めることだと思います。「~しなさい」と叱れば叱るほどそのことが嫌になり、その時はやっても、また繰り返すものです。しつけのお手本にして欲しいのが保育園や託児所の保育士さんです。保育士さんたちは、決して否定的な言葉は使わず、~すると~だからだよ。とダメな理由を子供がわかるようにお話しています。そして上手にできたときは「褒める」のです。やっていいこと悪いことがわかるようになってきます。毎日子供たちと接している保育士さんは良い見本ですので、参考にすると良いですよ。

「しつけ」はどのようにしていますか?風俗に限らず、お仕事をしているお母さんとは子どもとずっと一緒にいられないと思います。大きくなっていくにつれて、子どもにしつけをしていかなければなりません。しつけというと、叱って言うことを聞かせるようなイメージがありますが、小さなお子さんには、それは間違っています。小学生、中学生になってもしつけは必要になりますが、物事の分別をわからせるのは小さい時の方が良いですよね。お仕事でおうちにいない時は、託児所の力を借りましょう。保育士さんたちは、こどもたちへの声がけの訓練をしていますので、上手なしつけをすることができます。そして、フィードバックをしてもらうようにしましょう。

託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】