好みの体験談がきっと見つかるはず。ハイクオリティな風俗の話をどうぞ。

ソープといったら川崎です:風俗に全身全霊注いでみた

ソープといったら川崎です

7 PV
ソープといったら川崎です
私は、いままで生きてきた中で風俗というものを利用したことはありません。というのも、まだまだ利用しなくても何とか生きていけるだろうと考えている21歳の大学生です。とはいうものの、簡単に恋人ができるわけでもなく、人並みに若いうちに初体験をしてみたいなと考えています。こんなことを考えていても仕方ないのは分かっていますが、どうしても興味があってしてみたいと考えてしまうと、男という意味物はそれに向かって一直線に行動してしまうものです。こういうのも若いうちだからできることだと思うので、考えたりするならば今のうちなんだろうなとも思います。風俗を利用する上で、私が懸念していることは2つです。まずはお金がかかる事。一回の利用で結構良い値段がかかります。ゲーム機などが欲しいと考えている世代からすると、お小遣いを溜めてどうにかできるは払いきりの出費ではないでしょう。次に、一度利用してしまうと良くないだろうという固定概念と、風俗から女性を知るとその後の人生の価値観が変わり風俗利用をする人間になってしまうだろうということです。そんな不安はあるものの、時間を持て余す状況もあった夏のある日、ソープを利用しようと決心しました。世間もそれだけ浮かれている時期でもあるので、なんとなくそんな気分になってしまったんですよね。ソープを利用したいと思ってもそこらで簡単に利用できるものではありません。調べてみると最寄りでは川崎に多くのお店があるようで、ソープランドがひしめくソープ街があるようでした。川崎は治安が悪いイメージがありましたが、こういう部分があるからなのだなと納得です。普段は滅多にいかない川崎に足を踏み入れるだけでも勇気がいりましたが、そこは度胸で乗り切りました。事前に目当てのお店と女性を選び突入です。たまたま女性の予定も開いており指名ができたので、お店の中に誘導されて対面です。何も分からない状況だったので初めに素直に白状すると、なんてことはない優しい対応でした。いざ大興奮の状況で事を終えて女性と雑談などをしていると、自分と同じような状況で川崎を訪れてくる人が非常に多いらしいことを聞きました。具体的に聞いてみると、ソープを利用する人の多くは未経験者で初体験をしたいからで、その他では人付き合いの流れだったり、家庭の事情でエッチなことがご無沙汰だったりで来るらしいです。頻繁に利用することは難しいジャンルの風俗店ですので、そういうお客さんは独身男性でもない限りはあまりいないらしいです。なので、女性も働いていると、一期一会な感じがほとんどらしくあまり活気がある感じでもないらしいのです。時期によっても暇な日も多いらしいのでそんなに男性の需要が多いものでもないようでした。やはり男の人がソープを利用する目的というのは、ある意味決まっている感じみたいですね。それとそれほど風俗を利用する人も多くないようなので、利用した後で若干の公開もあります(笑。なにはともあれ、良い経験が出来たので川崎に来てよかったと思います。
川崎風俗!人妻ソープランド【上流夫人】
2019.07.24 ソープ / 川崎